11/26更新!みんなが買ってる今週のネオモバcheck

【高配当株】旭化成(3407)

コード3407
名称旭化成(株)
企業HP(配当情報)https://www.asahi-kasei.com/jp/ir/stock_information/dividend/
業種化学
市場東証PRM
配当利回り3.84%
株主優待なし
※記事更新日時点の情報

みんなが買ってる高配当株ランキングにもランクインしている銘柄にゃん。

旭化成ってどんな会社?

大手総合化学メーカーで、「マテリアル」「住宅」「ヘルスケア」の3領域で事業を展開しています。

それでは、購入の判断材料となる項目をチェックしていきましょう。

もくじ

配当についてチェック

  • IR BANKのデータを元に作成しています。
  • 記事更新日時点での情報です。
1株配当金(年間) 推移
2019/03
34円
2020/03
34円
2021/03
34円
2022/03
34円
2023/03予想
36円

配当金の推移は、安定または増配が理想です。

旭化成の配当金は長期にわたって減配がなく、増配傾向にあります。実質的に累進配当といえます。

  • 累進配当とは、減配せずに配当水準を維持または増配し続ける方針のこと

【旭化成の株主還元方針】

1.中期的なフリー・キャッシュ・フローの見通しから、株主還元の水準を判断する

2.配当による株主還元を基本とし、1株当たり配当金の維持・増加を目指す

3.配当性向30~40%(中期経営計画3年間累計)を目安とし、配当水準の安定的向上を図る

4.自己株取得は資本構成適正化に加え、投資案件や株価の状況等を総合的に勘案して検討・実施する

https://www.asahi-kasei.com/jp/ir/stock_information/dividend/
配当利回りの計算方法

配当利回り(%)=1株当たり配当金(年間)÷株価×100

配当性向 推移
2018/03
27.9%
2019/03
32.2%
2020/03
45.4%
2021/03
59.1%
2022/03
29.1%

配当性向とは、純利益の何割を配当金に回しているかを示す指標です。30~50%あたりが健全とされています。

株価の水準をチェック

PER
割安
7.9倍
割高
PBR
割安
0.71倍
割高
ミックス係数
割安
5.61
割高

PERとは、企業の収益に対する株価の割安・割高感を示す指数です。PERの数値は低いほうが株価は割安と判断され、15倍以下を目安にするといいでしょう。

PBRとは、企業の純資産に対する株価の割安・割高感を示す指数です。目安として、1倍以上なら割高・1倍を下回ると割安とされています。

ミックス係数とは、PER×PBRのことで株価の割安性を判断する指数です。日本株の場合は、11.25以下で割安とされています。

業績・資本をチェック

売上高
2019/03
2兆1704億
2020/03
2兆1516億
2021/03
2兆1060億
2022/03
2兆4613億
2023/03予想
2兆7310億

売上高は、右肩上がり(増加傾向)が理想です。

EPS(1株利益) 推移
2019/03
105.66円
2020/03
74.85円
2021/03
57.49円
2022/03
116.68円
2023/03予想
118.58円

EPSとは、1株当たりいくら儲けているのかを示す指標です。安定または増加傾向が理想です。

自己資本比率
2018/03
55.8%
2019/03
53.6%
2020/03
48.2%
2021/03
50.3%
2022/03
50.4%

自己資本比率は、高いほど安定しているといえます。業種にもよりますが、30~40%以上が理想です。

配当はいつもらえる?

旭化成の配当金は、年2回もらえるにゃん。

権利確定日支払い時期
中間配当金9月30日12月上旬
期末配当金3月31日6月上旬
※権利確定日が土日の場合は直前の営業日

次回の権利確定日

次々回の権利確定日

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
もくじ